スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆずり葉

2009年10月25日 02:01

この映画も銀嶺は勝手に応援しています!
見てね!
ロケ地は谷根千だよ~!

ゆずり葉―君もまた次のきみへ―


全日本ろうあ連盟創立60周年記念映画「ゆずり葉」が小説になりました。
人情あふれる東京の下町を舞台に、“もうひとつの美しい言葉・手話”で織り
成す、いくつもの世代をつなぐハートフル・ストーリー。

ある夏の暑い日の工務店。
63歳のベテラン大工、敬一(聾)が突然倒れた。

入院を拒む敬一は、最愛の恋人を病気で亡くした過去を引きずっていた。


それは昭和40年代にさかのぼる。
字幕がついていなかった映画を敬一の耳
になって通訳してくれた早苗と将来を約束するものの、早苗の両親はろう者
である敬一との結婚を決して許さなかった。

「私たちにも運転免許を!」ろうあ者の権利を訴える運動の記録映画を撮影
していた敬一が夜遅く帰宅したとき、早苗が意識不明で倒れていた。
敬一の
子どもを身ごもっていた早苗は息を引き取ってしまったのである。

30余年た
った1999年、その年は運転免許や民法11条改正などを勝ち取ってきたろう
者と手話通訳者の差別法令改正運動が頂点に達した年でもあった。

全国からの署名が150万を超えるとき、運動家の大川は早苗の死で中断した
記録映画を、この大きなうねりの中で完成させたいと、敬一に続きを撮って
ほしいと訴えた。
すでに肺がんに侵されていた敬一は迷った。


そんな時、敬一は薬剤師試験に合格しながらも欠格条項により国家資格を却
下された尚美(聾)に出会う。
また自分の気持ちを舞台で表現したくてもオ
ーディションになかなか受からないでいる吾朗(聾)にも出会った。


いま自分がやらなくて誰ができるというのだ!
このまま何もしないで天国で
早苗に合わせる顔があるのか・・・。
敬一はカメラをもって立ち上がった。

記録映画を完成させて次の若い世代に手話と仲間の大切さを伝えていくために。

yuzuriha_2.jpg


yuzuriha_2.jpg
">


<銀嶺>

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginneco.blog20.fc2.com/tb.php/82-cff320e1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。