スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生麦事件

2009年10月19日 13:30

某月某日、私銀嶺はライター『逃水』と横浜で取材を終え、
日も高いけど、お決まりと言うことで横浜駅近くで立ち飲み屋へ。
2件ほどハシゴしたのだが、今一つ。田端の「三楽」には遠く及ばない。
逃水は先ほどから「生麦」にいいところがあるから行こうと
言っていたのだが、今更電車に乗るのも面倒だったのだが、
こうも今一つの立ち飲み屋ばかりでは行くしかるまいと、
電車に乗り「生麦」へ。
生麦と言うと歴史に出てくる「生麦事件」しか知らなかったが、
駅からすぐの立ち飲み屋「大番」は確かに逃水が太鼓判を押すだけある。
いやいや、「大番」は私の中でも今までの立ち飲み屋では関東一だ。
その肴の新鮮さと値段の安さと言ったら!びっくり!!
刺身は今釣ったばかりのように歯ごたえがありシャキシャキコリコリ!
メニューは150円ぐらいからあるが旨すぎて飲むと言うより食べました!
どれもこれも旨い!安い!ボリューム有り!
「生麦」に住んでいる方々は幸せ者です。こんな立ち飲み屋があるなんて!
生麦

<銀嶺>
スポンサーサイト


コメント

  1. <逃水> | URL | RCjL3Ins

    大番について

    写真はアップされてないですけど、
    この日は他にも何品かいただいたと思いますが、
    みなさん、ここの「大番汁」も絶品です!
    あとこの日はタッチの差でヤマとなっていましたが、
    「マグロなかおち」は絶対に注文したいメニュー。
    量がハンパではありません。味も絶品。
    写真にもある天然ホヤなら、ホヤを一口で出してしまう
    壱露でさえも、考えを変えるでしょう。
    エグみや苦みなどまったくなく、清冽な潮の香りのみが、
    鼻腔をスーッと通り抜けてゆく・・・これが500円とは!
    チューハイも、銀嶺をして「こんなにウマイのは初めて」
    と言わしめた味。
    (彼は東京下町風「ちょっと色付き酎ハイ」が好みですが、
    ここのはすっきり透明)
    いつも混んでますが、横浜方面へお出掛けの際は
    ぜひともお寄りください!
    (銀嶺は並ぶのや待つのが嫌いなたちなのだが、
    このときは店の外で10~15分ほど待った。
    「別の店で時間を潰そう」とゴネる銀嶺を、
    「時間が経つほど入りにくくなる」と説得。
    でもいつも外で待たされるわけではありません。
    いつも混んではいますけど)

    この日は、大好きな店である横須賀の「銀次」
    (正確にいうと第二酒場の方 立ち飲みではありません)
    にも誘ったのだがさすがに遠いと却下された・・・
    でも、生麦から、川崎、蒲田と、帰途引っかかりながら、
    好きな店に無理矢理引きずり回しました。

  2. 銀嶺 | URL | -

    そうそう、酎ハイもバランスがよく旨かったね~!!
    ツアー組んで再訪問したいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ginneco.blog20.fc2.com/tb.php/80-4c8072d1
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。