スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷根千を疾走する。

2009年04月15日 18:00

DSC01320.jpg

上の写真は私のいつもの昼飯です。↑
だから昨日、迷人との「和幸」の昼飯はきつかった。
あんな量は食べきれません、けど旨いけど。
話を元に戻し、いつも大根おろしに納豆と生卵を入れて食してます。
今考えられる「お手軽酵素食」です。
どんな生物も体内の酵素が無くなると死んでしまいます。
なので、出来るだけ酵素を採っているのだ。
これを食べていたらいつのまにか5kg減!
ついでに目覚めもすこぶるよろしい。
ちなみに生卵は根津の赤札堂で「188円」但し、お一人様1パックのみ!

DSC01317.jpg

私という存在は仕事振りは素晴らしく、カラオケもそこそこ旨いし、
人柄も太陽の様に陽気だ。人見知りもしない。
もちろん美男子であることは言うまでもない。
私の欠点は「デブ」以外に見当たらない。

ので、走る事にした。
いくら5kg減でも元が元だけに見た目に変わらない。
食事だけではもうこれ以上の減は無理。
しかしながら、ダイエットの為に走るのはみっともない。
私のダンディズムに反する。
多分、郷ひろみもこの意見に賛成のはずだ。
健康の為には既に「酵素食」で完璧。
だから、私は谷中・根津・千駄木の爺さま、婆さま達に
私の溢れるばかりの「若さ」を叩き付ける為に走る事にした。
それが私が谷中・根津・千駄木を疾走する大義名分なのである。

「若さ」を叩き付ける為に爺さま、婆さま達のいる所はどこでも
走るのさ。疾走する私を見て、その躍動する腹と飛び散る汗を見て
もしかして爺さま、婆さま達も走りだすかも知れない。
これは無償のボランティアでもあるのです。
今日は言問通りから不忍通り、根津神社を走り
若さを叩き付けて来た。

爺さま、婆さま達の集まる所を走っているデブがいたなら、
それは私なのです。見かけたら『銀ちゃ~ん』と声援下さい。

<銀嶺>







スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginneco.blog20.fc2.com/tb.php/50-faa872c0
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。