スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな古時計

2012年01月13日 15:03

連休明け、銀嶺、迷人、弟分クリエイターHと飲んだとき、久々に時計の話で盛り上がった。
やれロレックスだ、オメガだ、パネライだ、インターだ、パテックだ、バセロンだと、時計好きの間でひとしきり騒いだあとの帰り道。
最終電車、オレの頭の中のホールでは、「大きな古時計」が奏でられていた。
やばい。酔っているとつい声に出して歌いそうになる。それだけは絶対に避けなければ。
そんな頭でつらつらと歌詞をなぞっているうち、あるひとつの記憶が甦った。

小学生の時。
市内の合唱コンクール。
ある小学校の番。
演目は「大きな古時計」。子どもたちが歌い出した。
おーおーきなのっぽのふる「ど」「け」「え」 おじいーさんの「と」「け」「え」
指揮をとっている教師の指導によるものだろう、
子どもたちは「時計」を「とけ・い」ではなく「とけー」と発音していた。
市民会館大ホール(ああ、思えば山口百恵も岩崎宏美もここで初めて見た)の客席はざわめき、
そしてあちこちから笑い声が聞こえ始めた。
とまどいが半分、笑い声が半分、という感じ。
有史以来、「大きな古時計」では、「時計」を「とけ・い」と発音するものと相場が決まっている。
平井堅もそう歌っておる。
しかしオレは笑えなかった。その教師の意図がわかったから。
普段、時計を「とけ・い」と発音することはない。「とけー」だ。
「い」は、そのまんま「い」と発音しなさいという記号ではない。
この場合は「伸ばせ」という記号だ。

「こうし」は、「こ・う・し」と発音すれば「仔牛」だし、
「こーし」と発音すれば「格子」だ。
「こ・う・し柄」は仔牛がいっぱいプリントされたものだし、
「こーし柄」といえばチェック柄だ。
伸ばすかどうかはその本来の意味によって変わってくる。

普段意識することはないだろうが(当たり前だ)、
実は「大きな古時計」には「時計」という歌詞がすごく多く出てくる。
あの子どもたちは、そのすべてを、笑い声の中で、律儀に「とけえ」と歌った。歌いきった。
いっぱい練習したに違いない。
歌って笑われて、あとで悔し涙を流した子もいただろう。
教師に、「だから言ったのに」と詰め寄った児童もいたかもしれない。

小学生のオレには、その教師の判断が正しいのかどうかわからなかった。
そして今もわからない。
教師の言葉へのこだわりはきっと正しい。
しかしそれを子どもたちに強いるのはどうだったのか。

あの子たちは、大人になって、その時のことを振り返り、
「自分たちは正しかった」と誇りに思っているのだろうか。
そうだといいな。


余談
関係ないけど、あれですね、イマドキの若者は、「雰囲気」のことを「ふいんき」と言いますね。
わかってて言っているのかと思ったら、あるとき電車の中で、
「ふいんきのことを、なんで漢字では雰囲気(ふんいき)って書くんだろう?」
てな会話があって、びっくりしました。
言葉は、間違った方向でも、変わっていけばそれが定着する。
これまでもそう。
だから「ふいんき」が正しくなる日も、遠くないかもしれない。
漢字では「雰囲気」。でも、発音は「ふいんき」。

<逃げ水>


平井堅
大きな古時計

スポンサーサイト


コメント

  1. 迷人 | URL | JOOJeKY6

    時計はあまり詳しくないので細かい話はサッパリですが、毎度あがる時計ネタ?はいつ聞いても面白い。

    たまにPCで「ふいんき」と打って変換されず、、、なんてことをたまにやってしまいます。

    そんな状況で無事に帰れたとはなによりです。

  2. 逃げ水 | URL | fEu2DYto

    Re: 大きな古時計

    おお、ここにもイマドキの若者がいたのか!
    ・・・若者か?
    迷人の世代でもすでに「ふいんき」が普通だとは。
    けっこう前からなんですね。

  3. | URL | -

    Re: 大きな古時計

    私も10年くらい前「ふいんき」と一生懸命、PCで変換しては頭をひねってました。正しくは「ふんいき」と知った時の衝撃といったらなかった(笑)
    ちなみに口に出して言ってみると私は割とちゃんと「とけ」と言ってる気がする・・・

  4. daa | URL | ok9TLeZE

    Re: 大きな古時計

    さっきのコメントはアタシです。名前入れ忘れた(汗)

  5. 逃げ水 | URL | fEu2DYto

    Re: 大きな古時計

    おお、ここにもイマドキの・・・!ってみんな全然若者じゃないな。
    ずいぶん前から蔓延しているってことだな。
    こりゃ「ふいんき」が正しくなる日も近い。
    「計」は「ケ・イ」ではなくやはり「ケー」が最初から正しい発音でしょう。
    「一年の計(ケー)は元旦にあり」だし、
    「合計」は「ゴ・ウ・ケ・イ」じゃなくて「ゴーケー」だな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ginneco.blog20.fc2.com/tb.php/344-9b805634
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。