スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春うらら

2010年02月18日 01:16

寒いね~連日
早く春が来ないかな~と思う銀嶺でありますが
「春」と言えば懐かしいこの曲 
田山雅充の「春うらら」
このちょっとエロチックな曲を子供の頃聴いて 
早く大人になりたいと思ったものです
しかし 今聴いても歌詞の完成度が高いです
擬音・擬態語のオンパレードですが 
そこがまた想像力をかきたてますね~



みぞれまじりの 春の宵
ふたりこたつに くるまって
ふれあう素足が ホテリホテリ
さそいかけよか 待ってよか
さてさてトランプ 占いは
なさぬ悲恋と 出て来たよ
ここでタバコを プカリプカリ
君は目頭 赤くして
アウアウ 春うらら
アウアウ とけあって

窓を誰かが たたいてる
君はこわごわ のぞきこみ
ヤカンにたって カタリカタリ
笑いころげて 腕の中
まだまだ小さい 君の胸
僕の手のひら 大きいよ
くらべてみようか ソロリソロリ
君は耳たぶ あつくして
アウアウ 春うらら
アウアウ とけあって

耳をすませば 風に乗り
町は祭りの 初げいこ
うかればやしが ヒャラリヒャラリ
夢はとつぜん 立ち止まる
今夜もお布団 ひと組で
君とぼくとで 抱き合えば
つめたい風も ポカリポカリ
ふたりも一度 夢の国
アウアウ 春うらら
闇の中に ただようふたり
アウアウ とけあって
朝の来るのも 忘れそう
アウ アウ アウ アウ・・・



<銀嶺>
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://ginneco.blog20.fc2.com/tb.php/118-ed7164d1
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。