スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小紅楼

2009年05月14日 08:46

現在入院中の銀嶺です。
病院にいると自然に考えてしまう「生」。
暇に任せて、「生きているな~」と感じる身近な場所を考えると、
やはり「酒場」ですね、私の場合は。
しかも「大衆酒場」&「食堂」。
DSC01402.jpg

レストランや寿司屋、ちょっと敷居の高い居酒屋などで
飲んでも食べても「生きているな~」と言う感じは湧いてこない。
暇なので原因を考えてみたのだが、出て来た答えは「労働感」。
「大衆酒場」&「食堂」に漂っている「労働感」があるかないか、
とても重要な要素なのだ。
DSC01397.jpg

西日暮里の「小紅楼」、地元民がよく使う店ですが、メニューも多いし、
ホッピーも置いてあるし昼から飲める。
地元民以外でもサラリーマンやタクシーの運転手やら現場の兄ちゃんも
家族でも来ている「小紅楼」には「労働感」が漂い、それが何とも
言えず良い。
この店内に漂う「労働感」に包まれて高菜チャーハンを肴にホッピーを
あおると「生きている~」と感じてしまうんですね~。
DSC01400.jpgDSC01391.jpg

一応、「小紅楼」は中華の店だけど、これは中華と言う名の「食堂」です。
退院したら行くんだ~「小紅楼」。
俺は生きている!と感じながら食べて飲むのです。
DSC01396.jpg

小紅楼
西日暮里5-13-1
西日暮里駅前交差点

<銀嶺>


スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。