スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ときわ食堂 本駒込

2015年03月10日 12:55

先日、定休日で行けなかったので昨日は本駒込にあるときわ食堂へ

町屋のときわ食堂もいいですが僕にとってのときわ食堂はここ

酎ハイに単品おかずをいろいろと注文すると定食屋だけど居酒屋のテーブルに
名称未設定 1
ホルモン焼き(右上)は必須。千住ネギのみそ炒め(左下)は新メニュー?

まだまだいろいろ食べたくなりますが胃袋の方は限界・・・

しめにたまねぎ味噌汁をいただき終了です

<迷人>
スポンサーサイト

町屋 ときわ食堂(京成駅裏)

2011年12月07日 08:30



サンポップ町屋のときわも良いが
京成駅裏のときわ食堂も良いのだよ

DSCN3736.jpg

メニューの多さと安さは秀逸なのである
ランチもお安い!
いつも何を注文するかで時間がかかってしまうが
それがまた至福の時間である

DSCN3738.jpg

いつ行っても満員状態
この喧噪がまた酒の肴にいいんです
これぐらい騒がしいと元気が出てきます

DSCN3739.jpg

町屋最強酒場 ときわ食堂
ここでお酒を飲んで好きな肴を食べられるのが
背伸びをしない幸せなのである


<銀嶺>

ときわ食堂で会いましょう。~町屋2

2009年11月22日 14:22

先ほどの続きで町屋の「ときわ食堂」
こちらは駅ビル地下1階のときわです
もうかれこれ26年経ちます
ここの「ときわ食堂」に通い始めて
その頃は定食が確か380円か350円で
貧乏デザイナーの拙者を救ってくれたのです

今は駅ビルの地下にありますが
昔は都電の乗り場と
ときわ食堂の玄関が直結してました
町屋に来たらここに来なければ
町屋に来たことになりません
その圧倒的なメニューの多さ
定食屋なのか 大衆酒場なのか解らない
しかも!店には寿司屋まである始末
まさに町屋の「くいだおれ」ですな
料理のラストオーダーは夜9時15分
飲み物は9時30分、閉店は夜の10時
老若男女入り乱れる土曜日は昼から満員状態
20080425170246.jpg

<銀嶺>


ときわ食堂で会いましょう。~町屋1

2009年11月22日 13:52

昨日は小雨の降る中、根津の「すみれ」で体を温めて帰ろうと
おもいきや まだ開店前 午後5時
この時間に席が空いてるか不安でしたが
町屋の「ときわ食堂」へ
DSC03789.jpg

駅ビルの兄の方でなく 京成線裏の弟さんの方へ
どちらのときわもそうですが ものすごく混んでいます
この「ときわ食堂」の持つ独特の雰囲気と旨さと安さと料理の多さでしょう
DSC03785.jpg

相席で小上がりでまずはホッピー
時間がかかりそうなので先にさばの塩焼きを注文
DSC03786.jpg

ぶりの刺身で週刊誌を読みながらホッピーをいただく
幸せであります 実に幸せなのです
相席になった 爺様と軽く会話を交わしながら
待つこと40分
いまだにさばの塩焼きが来ない~
私 料理待たされのが駄目な人なので 普通は店の人にクレームを
付けてさっさと帰るんですが 地元のときわ食堂ではそんな野暮な
事は決していたしません
何故なら ときわ食堂の従業員は実に働き者ばかり 笑顔もいい
さらに女将さんが美人だから
DSC03783.jpg

待つのが出来ないなら来るんじゃね~よ 町屋に
みんな一生懸命働いてるんだ~
などと一人そんな事を考えていましたが あまりに遅いんで
「あの~さば塩焼きまだかな~いやいや忙しいなら全然いいの」
そんな事を店員さんに言ったら ちょうど焼き上がりました
DSC03787.jpg

旨いね~でかいし 安いし 今日のメインデッシュです
この塩加減が実にホッピーに合いますね~
ここ京成線の裏のときわ食堂と駅ビル地下のときわ食堂のほかに
町屋にはもう一つ「ときわ食堂」があるのです 全然話題にも上らないけど
それに 私自身 ただの一度も入った事が無い
と言うことで 来週早々に入ってみます 第3の「ときわ食堂」に
DSC03788.jpg

<銀嶺>








ときわ食堂で会いましょう。~本駒込

2009年03月28日 13:19

DSC00582.jpg

下町界隈には必ずある「ときわ食堂」。
いかなる組織形態なのか、のれん分けなのかは知らないが、
あちらこちらの「ときわ食堂」で飲んでいる。

食堂なので、定食屋さんだが、もっぱら「居酒屋」としての利用が多い。
特に町屋の「ときわ食堂」がそうだ。
しかし、本駒込の忍ばず通りにあるこの「ときわ食堂」は
20年、定食屋として使っている。
定食は昼は500円。月曜日は450円。雨が降れば全品一割引!

DSC00572.jpg

でも定食屋として使うにしても、必ずビールと350円のホルモン焼き
はいただきますけど。
この本駒込の「ときわ食堂」で最も高いメニューは「花定食」1600円。
500円の定食でかなり満足出来るのに、1600円とはいかなる内容
なのか?勇気を持って注文したいところだが、しょせんは一庶民。
そんな大胆なことは、人の奢りでないと出来ません。
誰か、私に「花定食」ごちそうしてくれないかしら。

DSC00568.jpg

「ときわ食堂」の良さはそのリーズナブルな料金設定も
さることながら、
やはり一番はメニューの多さではなかろうか。
定食屋のメニューはビールや酎ハイを飲むにはピッタリ!
しかし、居酒屋感覚で使うにしても、利用時間は1時間30分を利用の
目安にしています。
そこはほら、あくまで「定食屋」さんだから。

ときわ食堂
東京都文京区本駒込4-37-5
03-3821-7420

<銀嶺>





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。